連合岐阜(日本労働組合総連合会岐阜県連合会)は、岐阜県内で働く勤労者の仲間が結集する労働組合です。

地協活動ブログ

飛騨地協は9月8日、ゼロ災害をテーマに安全衛生研修会をハイブリット方式で開催し、37人が参加しました。

講師には(株)エンパワーコミュニ―ケーション代表取締役 鎌田敏(かまた びん)氏を招き、『「ゼロ災害に向けての職場の空気づくり」~安全意識と行動、組織活性化』と題して講演をいただきました。

 

講師 鎌田敏 氏

 

鎌田氏は、「ゼロ災害には、職場の空気づくりが不可欠。労災の要因にはヒューマンエラー、コミュニケーションエラーによるものも多い。職場でついつい焦ったりイライラすることにより、心の余裕を失い、視野が狭くなることで判断をあやまったり、相手を傷つける言動に繋がったり、心の不調につながってくる」と述べたうえで、参加者がコミュニケーションを図りながら意見交換の場も取り入れた講演をされました。最後に、「コロナ禍でマスクでの生活が続き、表情や感情が分かりにくかったり聞き取りにくい状況が続いている。だからこそ、これを機にコミュニケーションを丁寧に行い、職場の空気をよくすることが大切と」締めくくりました。

 

参加者同士のコミュニケーションも取りながら行われた

 

当日は、会場での参加者、WEBによる参加者で開催しましたが、鎌田氏はWEB参加者にも問いかけたり、Zoom機能を使ったリアクションを求めるなど、ハイブリット形式でも参加者が一体となって参加できる講演を行っていただきました。