連合岐阜(日本労働組合総連合会岐阜県連合会)は、岐阜県内で働く勤労者の仲間が結集する労働組合です。

お知らせ・活動ブログ

9月22日 連合岐阜は、働く者の声を県の次年度予算編成に反映させようと「2022年度岐阜県への政策・制度要求と提言」を古田肇岐阜県知事に手渡した。
提言内容は、7課題「雇用、地域医療・福祉、教育、男女平等、防災・まちづくり、環境、その他」25項目にわたる。

鈴木会長代行は、「労働者や生活者の思いを込めて提言をまとめた。県の政策運営に活用してほしい」と述べた。

古田知事からは、「連合岐阜からこうした提言をいただくことは32回を数えた。関係部局で検討したい」と述べた。
今後、提言は県の各担当局に渡され、今年の12月を目途に回答される予定である。